ビットコインのような仮想通貨を安全に取引できる仕組みを作り出しているのが、ブロックチェーンと呼ばれるテクノロジーです。
仮想通貨の取引においては、参加者全員がすべての記録を見られるようになっていますが、その取引の記録はブロックと呼ばれる塊になっています。
この塊がチェーン状につながっているので、ブロックチェーンと呼ばれているのです。
では、このつながりがなぜ安全性を保っているのかというと、新しいブロックを作るにあたっては、ある特定の条件を満たした数値であるノンスを見つける必要があり、その発見には膨大な量の計算を行う必要があるからです。
ノンスを見つけるのはさながら金鉱の中から金を掘り当てるかのような地道な作業になることから、その作業は採掘を意味するマイニングと呼ばれているほどです。
ただし、このノンスを見つけることができると、すでに出来上がっているブロックに安全な情報を新しくつなげることができますので、ノンスを見つけた報酬が支払われます。
日本円にして数十万円ものお金になることから、これがノンス発見の大きなモチベーションになっているのは明らかです。
こうして数字がつながっていくことによって、一部のデータだけを抜き出した改ざんが事実上不可能になるところにブロックチェーンのすごさと、それを保つモチベーションが必要であることが理解できます。