今やすっかり北海道名物として定着した感があるスープカレーですが、その発祥は札幌だと言われています。
実際のところ、街にはたくさんのお店があって、どこに入ろうか迷うこと間違いなしです。
スープ状になったカレーとごはんが別々のお皿で出てきて、カレーの中には北海道ならではの野菜がダイナミックにゴロゴロと入っています。
それらの野菜をいただきながら、時折スープを飲み、ごはんを食べるとか、スープをごはんにかける、またはすくったごはんをスープの中に浸して食べるなど、食べ方がいろいろあって楽しみが尽きません。
これも、スープカレーが大ヒットした理由であり、今や北海道だけでなく、日本全国で広く認識されているゆえんでしょう。
そのスープカレーは札幌の地で日々進化し、具材をパリパリに揚げた新食感が楽しめるものも考え出されています。
通常、チキンやポークなどと一緒に野菜が煮込まれていることが多いのですが、具材を素揚げすることでパリパリした食感がスープの中で楽しめることになり、新たなおいしさを生み出しています。
野菜がおいしい北海道だけに、野菜だけを使ったベジタブルカレーは、ベジタリアンはもちろん、健康に気を遣う人にも最適です。