後期研修医として医学を専門的に学ぶために、病院選びは慎重に行いました。
病院のホームページや患者さんのクチコミ、そして自分で実際に足を運んで、その病院の雰囲気を確認したのです。
やっぱり病院の雰囲気はとても重要だと思います。
患者さんに対して開かれた医療を提供している場所なのか、利用している患者さんが笑顔になっているのか、そして働く側の人間も笑顔で患者さんに接しているのか、いろいろなポイントからその病院の良さが伝わってきます。
自分で行ってみてよかったなと感じたところは、東京医科大学病院でした。
医療を学んでいく若者に対して、ゴールは設定せず、常に高い位置を求めてエキスパートを育ててくれる場所だと思います。
もちろん病院側に育ててもらう、だけではなく、自分自身が成長する、という意識も大切です。
この病院を今まで利用して勉強し、専門医となっていった後期研修医たちは、高いレベルをみんなが求めて、自分が医療の現場を助けるんだという高い志を持っていたと感じます。
そういった志を持てるように夢ややる気を大切にしてくれる、この病院の方針にも心を打たれました。
やっぱり医療を学ぶのなら、高いレベルの病院がいいと思うので、挑戦してみたいです。