金融機関はお金を企業や個人などに融資するときには、特別な理由がない限り必ず担保を要求します。
これは法的にも正当な手段です。
これはお金の貸し借りの時には、金融機関だけでなく、一般の私的な貸し借りにおいても必要な場合があります。
一般的に良く知られていますのが、マイホームを購入する場合に借りる住宅ローンの場合の、不動産である自宅の土地建物を担保にする事です。
この時に対象となるのは、今までは土地などの不動産が多かったのですが、最近は不動産以外の、何かの権利なども時として活用されています。
例えば特許関連の権利だったり、著作権などの独占的な使用権などです。
何にするかは、お金を出す側と出してもらう側で決めることになります。
このように扱われる不動産などの権利書には、金融機関が担保となっていることが明記されることになりますが、融資して貰った金額が全額返済できた時には、権利書から融資した企業の名前を取り除くことになります。
不動産担保ローン・収益物件購入ローン・投資用物件購入なら当社にお任せください!