交通事故で負った怪我が元で、治療が終わっからも症状が残ってしまう症例があります。
この症状に回復の見込みがなく、介護が必要など生活に影響したり仕事をするのに支障があると後遺障害と認定されるケースがあります。
後遺障害が残ってしまうと、逸失利益という項目で相手に損害賠償請求ができます。
これは、障害が残り労働の能力が低減したことで失われる、本来であればもらえるはずであった将来的な収入を賠償請求する項目です。
ここで、後遺障害には等級という仕組みがあります。
等級は障害の程度や内容により決められている数字で、1から14まであって数字が小さくなるほど障害として重度と認定されているものです。
交通事故の損害賠償請求で逸失利益の計算をするには、この後遺障害等級を使います。
労働能力がどのくらい低減してしまったかを等級で計り、問題なく働く予定であった残年数とその人の基礎収入を使って失われてしまった収入を算出します。
そのため、後遺障害が残ってしまったら、損害賠償請求をするためには最初に後遺障害の等級認定が必要です。
等級の認定申請は、相手の保険会社に全て委託する方法と被害者自身が行う方法があります。
相手の保険会社に任せてしまえば、被害者は煩雑な手続きをせずに済む一方で認定された等級に不服が残ることもあます。
後遺障害の等級認定と逸失利益の請求で損をしないためには、交通事故が得意な弁護士の先生のバックアップが必要です。
弁護士は、被害者の受け取れる賠償金がアップするように後遺障害の等級申請をサポートしてくれます。
逸失利益の計算|交通事故賠償金算定センター