近視のために、眼鏡やコンタクトレンズを使われている方は少なくありません。
しかし、眼鏡をかけると顔の雰囲気が変わるし、コンタクトレンズを装着するのも煩わしいと思われている人は、レーシックのようなレーザー手術を受けているようです。
確かな技術を持っている眼科医に手術をしてもらえれば、近視が治るようですが、目の手術に抵抗感をお持ちの人もおられるでしょう。
そこで、オルソケラトロジーで近視を治すことを検討されてみてはいかがでしょうか。
これは、寝ている間だけ、患者に合った特殊なコンタクトレンズを付けてもらい、近視の原因となっている屈折異常を矯正する治療です。
オルソケラトロジーは、手術をすることなく一時的に視力を回復することができるのですが、就寝中は専用のコンタクトレンズを装着しなければなりません。
この近視治療施術は、多くの眼科で行われているのですが、不適切な処置を行うと、感染症を引き起こしたり、効果がなかったりする可能性もあります。
そこで、オルソケラトロジーが行われてきた当初から、この治療法に取り組んできた東京池袋にある松原クリニックに通院されてみてはいかがでしょうか。
この眼科の医師やスタッフは、この治療について多くの経験を積んできているので、安心して任せることができそうです。