複数の取引先で売掛資金が多くあり、回収が順調に行われない場合、自社の運営が危なくなってしまう危険性があります。
取引先相手の売掛債権のために、自社が破産してしまいそうになるのは、絶対に避けたいものでもあります。
そこで安全な資金調達術についてご紹介します。
それはファクタリングという資金調達術です。
仕組みはファクタリングを専門に行っている業者が、会社が持っている売掛金を買い取ってくれるため、安全に資金調達を行うことができるのです。
業者に買い取ってもらった他者会社の売掛金が現金資金として手元に入ってくるので、最も安全な資金調達術と言えるのではないでしょうか。
特に中小企業の場合だと、多額の金額だとなかなか銀行からの融資が厳しい場合があります。
世の中の経済状況が不景気になればなるほど、銀行からの貸し渋りはますます酷くなっていく一方ですが、ファクタリングなら自分の会社にある売掛債権を買い取ってもらう形となるため、銀行からの借り入れを行わずにお金を手に入れることができるのです。
まさしくこれがファクタリングのメリットと言えるでしょう。
他にも売掛先の業者が倒産する恐れがある場合においても、早い段階にファクタリング業者を利用すれば、自社が損せずに現金を手に入れることができるというメリットがあります。
ファクタリングを行う際には、できるだけ信用性の高い安全な業者を選択することが最も大切です。
ファクタリングで売掛金を事業資金にする方法|資金調達術