しみといっても人それぞれ種類が違います。
しみ治療を受けたとしても、その治療方法があっていない場合は余計に悪化させてしまう可能性がありますので、注意してください。
特に肝斑(かんぱん)は化粧品で改善するのは難しいでしょう。
最近は肝斑(かんぱん)対策のための化粧品も少し販売されるようになりましたが、やはり気になる人は肝斑(かんぱん)以外もそうですが、病院でしっかりと診てもらうほうが安心だと思います。
ただし病院選びも重要で、レーザー治療でしみを改善できますが、肝斑(かんぱん)にあててしまうと悪化させてしまうレーザーもあるので、しっかりと種類を見極め最適な治療方法を提案できる、技術の高い病院を選んでください。→関連ウェブサイト