薬事法という法律をご存知でしょうか。
この法律では、医薬品や医薬部外品、化粧品などの運用を定めています。
ちょっと難しい感じの法律ですが、医薬品や医薬部外品、化粧品などの広告がこの法律の縛りがかかっているんです。
商品を販売するためには広告は欠かせないものですが、どのように文言ならOKなのかがこの法律で決められています。
ところが、線引きがあいまいなために、メーカー側ではどこまでが許されるのか疑心暗鬼になってしまっているようです。
まったく広告らしい広告をしていないところもありますが、それでは商品の売り上げアップを目指すことがなかなかできません。
効果効能を謳うことはできませんが、それ以外のことは宣伝に使っても問題はないはずなのです。
ですが、知識不足でそれができていないケースもあります。
そのような時は、薬事法ドットコムにサポートを依頼してみてください。
ライバルが広告を打ちあぐねている時に、自社が広告を打つことができれば一歩も二歩も先んじることができます。
そうすれば売り上げアップをはかることが十分可能です。
これまで以上の売り上げアップを目指すためにも、薬事法ドットコムにサポートを依頼してみてはいかがでしょうか。