営業職で暑い日も寒い日も取引先に訪問する毎日を送っています。
毎日頑張っているのだからと、今日の夜ご飯はちょっと贅沢をすることにしました。
以前、接待をしたときに取引先の社長が麻布十番にある「かどわき」のご飯が本当に美味しくてねと話していたのを思いだし、そうだ今日はここへ行ってみようと思いました。
しかし、予約をしていなかったので入れるか不安で、電話で確認をしてみると平日という事もありカウンター席なら空いていますよという事でさっそくお邪魔する事にしました。
いざ、お店の前に到着してみるとすごい店構えです。
高級な日本懐石ならではの風格で、まさに期待に胸が膨らみます。
店内に入ると、間接照明がほんわりと光るお洒落なカウンター席が現れます。
私以外にもすでに利用しているお客さんが沢山いて、隠れ家的なお店としても人気なようです。
事前に調べていたトリュフごはんを注文します。
このメニューは常連さんに人気のメニューだそうで、一度でいいから食べてみたかったのです。
重厚感のある土鍋が運ばれてきたと思ったら、ふわっとトリュフの良い香りが広がります。
器によそって一口ほおばってみると、まさに小躍りしたくなるような美味しさです。
皆さんも是非食べに行ってみてはいかがでしょうか。