胃炎に悩まされている方は多く、その原因はさまざまです。
コーヒーや緑茶、さらに水を飲みすぎたために起こることもありますし、医薬品などを飲んだことにより胃壁が荒れて起こることもあります。
また、ストレスから筋肉が収縮し、キリキリと痛むこともあります。
原因はさまざまですが、胃の痛みに襲われたなら、まずその原因を取り除かなければなりません。
安静にしていれば1日程度で治ることが多いのですが、痛みが強い場合は我慢せずに病院で診察を受けましょう。
胃薬を飲めばある程度良くなりますが、胃薬を飲めば良いと安易に考えるのも考えものです。
もしかしたら、重大な病気が隠れている場合もありますから、気になった時はちゃんと病院に行きましょう。
そうでなくても、急性の胃炎を繰り返しているうちに、慢性的になったり胃潰瘍など他の病気を引き起こしてしまうことも考えられます。
胃薬も飲めば良いというものではありません。
どのような胃薬を選ぶかも重要です。
胃壁を強くし胃炎を防止することで、事前に予防することもできます。
漢方の胃薬などは副作用の心配をすることなく服用することができます。
服用を続けることで胃壁を強くできるものもありますから、自分に合った胃薬を探してみましょう。