人生の折り返し地点である40歳を境に、成人病の発生率が高まっていきます。
以前は50代前後に発生していた病気が若年齢化の傾向にあります。
生活習慣の乱れや環境の変化などから、30代でも症状が見受けられるようになりました。
主だった疾患としては、悪性腫瘍や糖尿病、脳血管障害や心疾患、痛風などがあげられます。
成人病は治療も大切ですが、早期発見、予防がより重要です。
東京都町田市にある鶴川記念病院では、積極的な健康診断を促しています。
どなたも受診しやすいような手配が可能です。
障害をお持ちの方は、車椅子対応型の検診車で健康診断が可能です。
高齢者指節や養護施設、企業健診など巡回検診を行っています。
万が一、入院を余儀なくされた方々もスタッフが一丸となってケアに努めてくれます。
医師をはじめ、看護師や理学療法士、作業療法士のほか、個々人に合わせた専門スタッフが横の連携を密にして臨んでいます。
鶴川記念病院は、予防から治療、末期のケアまでも充実した体制が整っています。